川越の水道修理ならお任せ下さい。

水のトラブル解決!

川越の水道修理【ポイントとFAQ】

私たちは川越市を中心としてさまざまな水のトラブルを解決している町の水道修理店です。水道局指定工事店であるため、安心してご利用いただけます。
川越以外でも、埼玉、千葉、東京の指定エリア内であれば、最短30分で自宅までお伺いして、水に関するお困り事を即座に解消したします。
突然のトラブルでも、年中無休で365日対応なので安心です。出張費は無料ですので、はじめての方でもお気軽にご連絡ください。
見積りも基本料金も全て無料で、常に最安値に挑戦しています。ほとんどのお客様が求めることは低価格だと考え、広告費などの経費をできるだけカットしてその分を料金に還元しています。さらに自社スタッフによる直接施工により低価格を実現しています。

川越の水道修理

安いからといって手を抜くことは一切いたしません。高い技術と経験豊富な腕利きの職人が、最適な方法をその場で見出し、迅速に水道トラブルを解決します。
責任をもって全ての工事を行っていますが、万一の場合に備えて保証もつけているので安心です。工事の際のいろいろなリスクによる損害を、安心保証でカバーできます。
アシストホームでは、自慢の低価格に加えて最大65%オフでキャンペーン商品を提供しています。限定商品となるため事前の予約が必要となりますが、作業費込みの大特価となっているので、詳しい内容を知りたい方はお気軽にご相談ください。

01水道修理の内容とは

水道に関することならどんなことでも水道修理業者に対応してもらえると思っている方も少なくないようですが、依頼先によって対応してもらえる工事内容は異なります。
大手ならほとんどのことに対応してくれますが、個人経営の水道屋さんなどには限りがある場合が多いです。
一般的に水道工事業者が修理できるのは、トイレやキッチンやお風呂などのつまりや水漏れです。排水管のつまりはどこの業者でも対応範囲内で、排水管や排水トラップからの水漏れも同様です。
蛇口や吐水口の水が止まらない場合も水道修理業者の対応範囲で、浄水器の取り付けや交換なども対応範囲となっています。また、トイレやキッチンなどの水回りのリフォームなどにも、ほとんどの修理業者が対応していて、自社で対応できない場合でも、下請け業者に任せ対応する業者が多いです。
給水管や給油間などの配管工事や漏水調査も、水道修理業者の対応範囲です。ただし、水回りのリフォームでも、ユニットバスは水道修理業者の対応外であるケースが多く、ユニットバスの取り外しは専門業者の仕事になるケースがほとんどです。
他にも受水槽のメンテナンスや井戸ポンプや送水ポンプなどは、水関係ではありますが水道修理業者の対応外となっています。

02水道修理の内容とは

家を建てて何年も経てば、どうしてもいろいろな部分に不具合が出てしまいます。家は建てた瞬間から老朽化が進み、水廻りの設備には耐久年数があります。
水が出る蛇口や排水管には多くの部品が使用されていて、パッキンなどが老朽化すると水漏れが発生します。また、水道管などのネジが緩んでも水漏れが起きてしまいます。
初めて水漏れがして、水道修理を業者に依頼した多くの方が、「あのときにこうしておけばよった」と後悔することがあります。
水漏れがしても、素人でもできる対処法を知っているだけで、たとえ修理が必要になっても大幅に費用を抑えることができます。
水漏れが発生したときに対処方を知らなければ、雑巾などを用意して床などを拭き、水漏れが起きている箇所を発見しようと試みますが、水漏れを発見したらまずは元栓、止水栓を閉めましょう。そうすることで被害拡大を抑えることができます。
マンションなどで水漏れが起きて床下浸水をさせてしまうと、多額の損賠賠償を請求されてしまうこともあります。しかし、咄嗟に元栓などを閉めることで、被害を最小限に抑えられ、大事に至らないということもあります。そのためには、今すぐ元栓や止水栓の位置を確認して、閉め方を把握しておきましょう。

初めて水漏れで水道修理を依頼するときに知っておくべきポイント

03水道修理に関することで良くある3つのお悩み

1.排水口に何かを落としてときの対処法
洗面所などの排水口についつい指輪などを落としてしまった場合は、まずが排水トラップなどを捜索して、対象物が見つからない場合は、水を流したりしないで専門業者を呼びましょう。
自分で何とかできない場合は、無理をしない方が賢明で、特に大切な指輪などを落としたときには冷静になることを心掛けてください。

2.シャワーからポタポタ水が漏れているときは
水道の修理で業者を呼ぶか呼ばないか迷うケースも多いと思います。シャワーから水が漏れている場合で、その原因が分からなければ、迷わず専門業者を呼ぶことをおすすめします。
他の水道トラブルに関しても、原因が分からない場合は業者に頼って、自分で原因を理解できて自力で何とかしたい場合は、今ではネットなどで検索すれば正しい対処法を見つけられる場合もあるので、トライしてみるのも良い方法です。
ただし、少しでも迷いがある場合は、無理をしない方がいいと思います。

3.ウォシュレットの不具合の対処法は
シャワートイレに不具合が起きた場合で、まだメーカー保証が残っているなら、家を建ててもらったハウスメーカーなどに問い合わせてみましょう。
保証が切れている場合は、施工会社をはさむと費用が割高になってしまう確率が高くなるので、直接水道屋さんなどに修理を依頼した方がいいかもしれません。

04水道工事に関係がある水道管の種類を紹介

川越の水道修理

水道管と聞いて金属をイメージする方も多いと思いますが、近年では金属ではなく「ポリエチレン管」「HIVP管」などの鉄管に代わる素材が使用されています。
一昔前であれば、水道管の定番は「鉄管(鋼管)」でした。しかし、その特性から長年使用していると菅の中に錆が発生し、そうなると蛇口から水を出すと色がついていて味も錆くさくなってしまいます。
錆の問題以外にも、鉄管だとどうしても加工が大変なデメリットもあり、それらの問題を解消するために新しい水道管が登場した経緯があります。
現在は水道管に「HIVP管」が使用されるケースが多くなっていて、この材質はプラスチック樹脂です。
鉄管のような錆びつきが起こらなく、さらに樹脂なので加工も簡単で、施工も楽になりました。ただし、鉄管と比べて急な温度の変化には弱く、凍結時には割れやすい負の特徴もあります。
現在主流の水道管は「ポリ管」です。リフォーム工事でもポリ管かHIVP管が使用されていて、ポリ管の人気の理由の一つとして取り外しや取り付け対応がとても簡単なことが挙げられます。
ポリ管を接続する際に専用工具も接着剤も必要なくて、手ではめ込むだけでつなげられるようになっています。

05埼玉県・東京都・千葉県にて各種水道工事を提供

埼玉県川越市に拠点を構え、埼玉全域、東京都、千葉県などでも各種水道工事に対応しています。
川越市は埼玉県の南西部に位置する中核都市で、2021年7月時点の人口は約35万5千人で、県内ではさいたま市、川口市に次いで3番目に多くの人たちが暮らしている街です。
川越と言えば何と言っても歴史を感じさせる街並みが人気で、小江戸の風情を味わうことができるとしてテレビなどのメディアで頻繁に紹介されています。
関東で古都京都のような雰囲気が味わえる場所としては鎌倉が有名ですが、鎌倉だと都心から距離もあるし家賃も高いから住むことができなくても、川越なら都市部から通いやすくて家賃も低く設定されているため、東京から移住してくる人も増えているようです。
川越では江戸情緒を味わえるだけではなく、明治、大正、昭和の建築物がキレイに調和していることも魅力で、伝統的な建築物やレトロ建築の宝庫となっています。
このような古くて雰囲気がある建物が立ち並んでいる街は、関東ではほぼ見かけることができません。川越には神社仏閣もたくさんあって、楽しめるイベントも多く開催されていることも大きな魅力です。

06キッチンのつまりを水道業者に修理してもらう場合の費用は?

キッチンでつまりが発生して自分で対処できない場合は専門業者に頼ることになりますが、そのときに最も気になるのがどのくらいの費用がかかるの?ということでしょう。
キッチンのつまりをプロに任せた場合の修理費は、つまりの原因やどのようにして修理をするかによって大きく異なりますが、同じ作業をしても依頼先によっても料金は変わるので、業者選びは慎重にならなければいけません。
このように、キッチンのつまりを解消するための費用はケースバイケースで違ってきますが、高圧洗浄機を使用しなければいけない場合は、30,000から50,000万円程度が相場になっています。

キッチンのつまりを水道業者に修理してもらう場合の費用は?

そうなると、相場費用内で修理してもらえても20,000円もの差が出てしまうため、1社だけに限定するのではなく、できるだけ多くの業者に問い合わせてかかる費用を事前に確認してみることをおすすめします。
遠方の業者に依頼する場合は出張費をとられる場合もありますが、家からそれほど離れていない業者に依頼する場合は、見積りまでは無料で対応してくれるケースが多いので、妥協しないでやれることはしっかり行うようにすることで、修理費を大幅に節約することが可能になります。

07水道修理を依頼する前に知っておいた方が良い3つのポイント

01同じ工事でも業者によって料金は異なる

水道の修理と言ってもいろいろなものがありますが、全く同じ修理をしてもらう場合でも、業者によって掛かる費用が大きく異なる場合もあります。
どんな商売でも同じですが、業者によって利益の取り方は変わりますし、水道の修理は何人でやるかによっても料金が大きく変わってきます。業者によって交通費などの出張費が発生する場合もあります。

02修理内容の説明をしてくれる業者だと安心

水道修理を依頼する場合は、水漏れやつまりなどの何らかの症状が起きたときだと思いますが、修理をはじめる前に何の説明もしてくれないような業者には注意しましょう。
どんな小さな工事でも優良な業者はお客様のことを一番に考えてくれて、工事内容についての説明もきちんと行ってくれます。
水道修理屋さんも客商売なので、愛想の悪い業者には依頼しない方がいいと思います。

03水道の修理をしてもらうときには見積書を出してもらおう

水道修理をしてもらう場合は、どんな小さな工事だとしても必ず見積書を提出してもらいましょう。
残念ながら水道工事業者の中には悪徳業者も混ざっていて、簡単な修理なのに法外な料金を請求される場合もあります。
見積書を提出してもらったら、追加料金が発生しないことも確認したうえで工事に取り掛かってもらいましょう。

08水道工事はどこの業者にお願いしても同じなの?

水道工事は依頼する業者によってトラブルが起きる回数も変わってきます。水道工事にはいろいろな知識やテクニックが必要となり、素人が工事をすれば水漏れなどのトラブルが発生する可能性を高めてしまいます。
家の中のトラブルでも水漏れは家の耐久性を下げてしまう大問題で、家の構造体の木材は水に浸されると腐り、鉄材は水を浴びると錆びついてしまいます。
そのため、水道工事を行う業者はどんな簡易な工事であっても資格を有している必要があります。
水道工事に関わる資格には複数の種類があるため、必要な資格の有無と取得している資格の多さでも水道工事の上手さに大きく影響します。
ただし、どんなに多くの資格を持っていても、工事の実績がなければテクニック面では不安があるため、自分が依頼すべき工事業者を選ぶときには、実績も併せて確認することをおすすめします。実績は、各社のホームページなどを確認すれば分かるようになっています。
対応が丁寧であるかも、優良業者の判断材料になるので、まずは電話で問い合わせてみて、対応の良さを確認してみましょう。
直接工事担当者と話して、いろいろ質問してみて回答の仕方を確認してみるのも良い方法です。

09業者選びに関することでよくある相談とは

業者選びに関することでよくある相談とは

水道工事はどこに依頼しても同じなの?費用を抑えるにはどうすれば良いの?などの相談をよく受けますが、工事の仕上がりは依頼先によって異なります。
また、費用を抑えるには業者選びも大事になりますが、工事を依頼する時期を選ぶこともポイントです。
水道工事には知識や技術が必要になるものが多く、腕の良い職人が手掛ける工事とそうでない職人が行う工事では仕上がりが大きく変わります。最も気をつけるべきことは、悪質な業者を選ばないということです。
実は、水道工事業界には適当な工事をして高額な費用を請求してくる悪徳業者も少なくなくて、毎年国民生活センターなどの衛生設備工事に関することで寄せられる相談は千件単位になるとされています。これは表に出ている数字なので、実際にもっと多いことが予想できます。適当な工事をされると水漏れが起きる可能性が高くなり、建物の構造体である木材や鉄筋を腐らせてしまう恐れもあります。水漏れが起きれば最悪シロアリが発生して、建替えを余儀なくされてしまうこともあります。
水道工事には繁忙期と閑散期があって、業者選び以外でも閑散期を狙うと工事費用を抑えられる可能性を高めることができます。この場合も、必ず信頼できる業者を選択してください。

10水道に関することでよくある3つの質問

質問 水道工事業者に悪徳業がいるって本当?
回答 残念ながら、この業界にも悪徳業者は存在していて、工事に関するトラブルは全国各地でたくさん起きています。
もしトラブルに巻き込まれた場合は、消費生活センターに相談することをおすすめします。
悪徳業者に騙されないためには、依頼する前に信頼できる業者かどうかをきちんと確かめれば良く、所在が分からないような業者は絶対に選ばないで、実績があり口コミでも評判の良い業者を選択しましょう。
質問 見積書を確認する際に気にすべき点は?
回答 複数の業者から見積りをとることは、水道の修理費用を安くすることにもつながり、依頼先を信頼できるかどうかの判断材料にもなります。
見積書は項目ごとにきちんと料金と工事内容が表示されていることを確認して、工事費用一式などざっくりとした見積書を出してくるような業者は除外しましょう。
内容に不明な点があるときには、遠慮しないで詳細を確認してください。
質問 水道修理を依頼する前にやるべきこととは?
回答 水道修理について、素人では何も分からないから口出ししない方が良いと考えて業者任背にする方が多いと思いますが、作業前には工事内容の説明を受けることで、納得いく工事をしてもらえることにつながります。
納得した説明をしてくれない場合は、悪徳業者を疑い依頼することを中止した方が良いかもしれません。

11修理業者選びの注意点

POINT 水道トラブルはいつ起きるか分かりません。水漏れやつまりが起きれば、そのままにしておくわけにもいかずに、場合によっては仕事にも行けなくなり生活に支障をきたすこともあります。
そのため、水道の修理を依頼する業者は、対応スピードの速さも重要なポイントになります。特に水漏れの修理はスピードが大事なので、現場へ到着してもらえるまでの時間を確認しましょう。
多少到着が遅くなったとしても、それまでの対応策を分かりやすく説明して、しっかりケアしてもらえるなら安心です。特に集合住宅では階下の部屋まで水が漏れるなど、二次被害が起こる可能背が高くなるので、そのこともきちんと考えてくれる業者に依頼しましょう。
水道の修理費も業者選びの大事な点で、一般家庭のちょっとした水漏れ修理なら1万円前後が相場ですが、中には1万円を大幅に超える費用を請求してくる業者もいます。
料金を事前に確認しないで修理を依頼したら、最終的に数十万円の請求書を渡されたという事例も多数報告されています。
残念ながら水道修理業者の中には、法外な修理費を請求してくる悪徳業者も混ざっています。悪徳業者に騙されないためには、水道局指定工事店に認定されている業者を選ぶようにしましょう。

12素人がしっかり理解していない水道に関する用語

水道修理を専門業者に依頼する際には、状況を詳しく説明できるかどうかによって、修理にかかるできるだけ正確な金額を聞けるかどうかにも関わってきます。水道工事では、知っているようで素人ではしっかり認識していない言葉がたくさんあります。
たとえば「排水管」というのは、素人でもよく口に出している言葉だと思いますが、これは住宅内から外へ汚水などを排水する菅のことです。
排水管で排水するものとしては、風呂場や洗面所などから出る比較的汚染物濃度の低いものや、トイレの水など汚水などがあります。
「漏水」とは、その字の通りに水が漏れるという意味ですが、水道修理では、水道管から水が漏れているときに使用されます。キッチンの蛇口などから漏れている場合は、水漏れという表現を使います。
水道管から漏水があった場合は、水道代が高くなってしまうことがありますますが、この場合は水道局の人から指摘されて気づくことが多いようです。
「防水」とういうのは、外から水が家の中に入り込まないようにする加工ことで、完全防水や生活防水などで、防水のレベルを表現するケースが多く見られます。

FAQ一覧

PageTop

アシストホーム